三角のポーズ(トリコーナアーサナ)の効果とやり方

オンラインヨガ, コラム

こんにちは!オンラインヨガOluluです☆

本日は「三角のポーズ」のやり方と効果、注意点をご紹介します。
レッスンでは良く登場するポーズの一つ。カラダ全身で大きな三角の形を作ります。
足を左右に大きく開き、骨盤や胸を開くことで全身を気持ちよくストレッチ。
骨盤の歪みの解消にも効果があるポーズです。

三角のポーズとは

三角のポーズは英語では「トライアングルポーズ」。
サンスクリット語では「トリコーナアーサナ」と呼ばれています。
「トリ」は数字の3、「コーナ」は角、「アーサナ」はポーズを意味します。

ポーズの効果

・全身のストレッチ
・体幹の強化
・疲労回復
・冷え性の改善
・骨盤の歪み改善

やり方

1、マットの前側に足を揃えて立ちます

2、片足を後ろに大きく引き、つま先を約90度、外側に向けましょう

3、両手を開き、前足の方向に上半身をスライドさせる


4、手を床又は、スネにつきます。反対の手は天井方向に伸ばします。胸を開きましょう。

コツ

・手を床につけることが難しい場合は、スネやブロックの上に乗せる。
・感覚が掴めない方は、背中、お尻、かかとを壁につけるように練習する 。
・前足のかかとの延長線上に、後ろ足の土踏まずを置く。
・床側の体側は縮まないよう伸ばす。

注意点

・反り腰にならないように注意。(腰痛の原因)
・膝の伸びすぎ(過伸展)に注意し、伸びすぎてしまう場合は膝を緩める。
・上半身が下に向かないように、胸を開きだす。

 

カラダを大きく伸ばすポーズです。カラダに負担がかかりやすいので無理をせず、段階を踏んで練習しましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オンラインヨガOlulu-オルル-
ココロとカラダを整えることにフォーカスしたオンラインヨガです。
好きな格好で、人目を気にせずにヨガタイム。
今流行りの「マインドフルネス」「メディテーション」など、ココロの内側まで整えられるレッスンを毎日開催中です!

一週間トライアルはこちら☆
是非お試しくださいね♪

関連記事一覧