マインドフルネスは日本人にとって身近な存在?

コラム

こんにちは。オンラインヨガスタジオOluluです。

いつもご利用ありがとうございます。

 

「マインドフルネス」とは、今、この瞬間に意図的に意識を向けること。

何も評価せずに、ただ、今の自分を観察すること。

もともと基本にあるものは仏教、特に禅の教えです。

マインドフルネスは、その禅から宗教的なものを排したものと言われています。

スティーブ・ジョブズが、瞑想やマインドフルネスを実践していたことは有名なお話ですね。

実践することによって、集中力が高まり、パフォーマンスをアップさせたり、アイデアの創造、ストレスの軽減などに効果的だといわれ、GoogleやFacebookといった欧米の企業研修にも瞑想やマインドフルネスが用いられるようになりました。

こうしたトレンドにより、日本でも注目されて久しい「マインドフルネス」ですが、実は昔から日本人の日常生活の中に息づいているのをご存じでしょうか?

例えば、茶道や華道、そして武道などです。

茶道では、その瞬間に心を込めて、お点前は決まった形に沿って、一つ一つの作法を考えずに順にこなしていくそうです。

武道では、技を決めようとするときに生じる、不安や焦りを持った自分と向き合うことが求められるそうです。

他にも、事故を防ぐための「指さし確認」などもマインドフルネスの実践と言われていて、海外ではあまり見られないそうです。

駅員さんが列車が出発するときにするあれです。

 

マインドフルネスというと、何だか分かりにくくて特別なものに聞こえますが、実は日本人にとって昔から身近にある考えなのです。

日本人にとって、とても馴染みやすい考えだとも言えます。

 

オンラインヨガスタジオOlulu-オルル-では、マインドフルネスを取り入れたヨガのレッスンを行っています。

あらためて、マインドフルネスを身近なものに感じていただければと思います。

 

関連記事一覧