ヨガの種類、4つのヨガとは?

オンラインヨガ, コラム

こんにちは!オンラインヨガOluluです☆

ヨガでは、ヨガの最終段階(ゴール)に近く為に、4つのヨガがあると言われています。
ここでは現代主流となっているカラダを動かす「ハタヨガ」
そして、それ以外の4つのヨガ「バクティヨガ、カルマヨガ、ニャーナヨガ、ラージャヨガ」をご紹介します☆

ヨガのゴールと語源

・ヨガの最終段階(ゴール)はサマディ(悟り)、「全ては1つだと気づき、自由になること」。

・ヨガの語源は「ユジュ」(繋がる)という意味。様々なものと繋がること、全てのものは1つだと気づくこと。

【ハタヨガ】

「運動のヨガ」
現在、多くの方に知られているカラダを動かすヨガです。アーサナ(ポーズ)を取りながら呼吸と連動させます。
ハ=太陽
タ=月
太陽と月、真逆の2つの調和をとります。
ポーズと呼吸でココロとカラダの調和をとることが目的とされています。

【バクティヨガ】

「歌や踊りのヨガ」
神や自分自身に歌や踊り、祈りなどを捧げるヨガです。
音楽や踊りに集中することで邪念を取り払う瞑想テクニックとしても取り入れられています。
また、愛と献身のヨガとも言われることもあります。見返りを求めず、自分自身を愛しましょう。

【カルマヨガ】

「行為のヨガ」
行為(何でも可)をすることに集中することです。
自分の役割を見定め、今、ご自身の前にあることに集中し、一生懸命に行いましょう。
行為の結果には期待、執着しないことが大切です。

【ヤーナヨガ(ニャーナヨガ)】

「読書のヨガ」
正しい知識を得ること。自己を探求することです。
経典などで知識をつけ、学ぶだけでなく理解を深めることが大切です。

【ラージャヨガ】

「瞑想のヨガ」
ラージャ=王様 という意味をもちます。
瞑想で身体、心、精神をトータルに高めるヨガです。
ヨガスートラの教え「八支則」に基づき、瞑想を行いましょう。

〈八支則〉
・ヤマ(日常で行なってはいけないこと)
・ニヤマ(日常でやるべきこと)
・アーサナ(坐法)
・プラーナヤマ(呼吸法)
・プラティヤハーラ(感覚を制御する)
・ダーラナ(集中)
・ディヤーナ(瞑想)
・サマディ(三昧)
これらは、ヨガをする上での8つの段階を示しています。

→ブログ「八支則ってなあに?」

 

ヨガの最終段階(ゴール)への4つの道。
4つのヨガのうち、どれを選んでも構いません。ご自身に合ったヨガでヨガを深めましょう♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オンラインヨガOlulu-オルル-

ココロとカラダを整えることにフォーカスしたオンラインヨガです。

好きな格好で、人目を気にせずにヨガタイム。

今流行りの「マインドフルネス」「メディテーション」など、ココロの内側まで整えられるレッスンを毎日開催中です!

一週間トライアルはこちら☆

是非お試しくださいね♪

関連記事一覧