戦士のポーズⅠとは?効果とやり方を紹介

オンラインヨガ, コラム

戦士のポーズⅠのやり方と効果

こんにちは!オンラインヨガOluluです☆
本日はヨガの基本のポーズ、「戦士のポーズⅠ」のやり方と効果、注意点をご紹介します。
足を前後に大きく開き下半身の強化、そして上半身は大きく伸びるダイナミックな姿勢のポーズです。
ヨガのレッスンではよく登場する代表的なポーズですが、骨盤の向きや足の位置など難しいポーズでもあります。

 

戦士のポーズとは

戦士のポーズは別名「英雄のポーズⅠ」「ウォーリアⅠ」。
サンスクリット語では「ヴィーラバドラアーサナ」と呼ばれています。ヴィーラバドラはシヴァ神の化身(髪の毛から作った戦士)を表しています。

 

ポーズの効果

・股関節の柔軟性アップ
・ふくらはぎの柔軟性アップ
・下半身の筋力強化
・腿のストレッチ
・カラダ全体の引き締め効果
・骨盤を整える

 

やり方

1、マットの前側に足を揃えて立ちます

2、片足を後ろに大きく引き、つま先を約40度、外側に向けましょう

3、吸いながら両手を頭上へ持ち上げ

4、吐いて前膝を曲げ完成です(かかとの上に膝が来るあたりまで)

 

コツ

・足のスタンスは、自身の柔軟性に合わせて開きます。(前膝がかかとより出ない場所、骨盤は正面を向く場所を探しましょう)
・背中が反らないように、お尻、腿の筋肉を使いましょう。
・両足均等に、床にしっかりとつけ、土台を安定させます。
・腹筋を締め上半身を安定させます。
・前足のかかとのラインの延長線上に後ろ足かかとを置くように足を開きましょう。(骨盤が前に向かない場合は、後ろ足をやや外側に置きます)

 

注意点

・前足はかかとの真上に膝が乗るように広げます。(かかとよりも膝が前に出る場合は、足のスタンスを広げましょう)
・骨盤の真上に上半身が乗るように骨盤を立てましょう。(背中が反らないように注意しましょう)
・前膝が内に入らないように正面に向けましょう。(怪我の原因となります)

 

ハイランジと戦士のポーズとの違いは?

ハイランジは後ろ足のかかとが浮いています。
ハイランジは足の着地面積が少ない為、よりバランス力が試され、戦士のポーズはふくらはぎの柔軟性が必要です。

 

 

戦士のポーズは、骨盤の向きや足の向きなどの配置が重要です。
間違った方法でポーズをとると怪我の原因となります。無理をせず、段階を踏んでポーズをとりましょう♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オンラインヨガOlulu-オルル-
ココロとカラダを整えることにフォーカスしたオンラインヨガです。
好きな格好で、人目を気にせずにヨガタイム。
今流行りの「マインドフルネス」「メディテーション」など、ココロの内側まで整えられるレッスンを毎日開催中です!

一週間トライアルはこちら☆
是非お試しくださいね♪

関連記事一覧