花粉症にはヨガがオススメ?ヨガの効果とポーズを紹介

オンラインヨガ, コラム

暖かい季節に近づいてきました。この季節は、花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか。
鼻水やくしゃみ、目の痒みなど辛い症状が多いですよね。

自律神経を整え、免疫をあげるヨガは花粉症にも効果があると言われています。

花粉症とは

スギやヒノキなどの花粉が鼻や目の粘膜を刺激することにより起こる免疫反応が主な原因です。花粉を異物として捉え、外に排出しようと体が過剰に反応してしまいます。症状としては鼻詰まりやくしゃみ、目の痒み、充血などがあります。症状には個人差があり、同じ量の花粉が体内に入っても症状が出る人とでない人にわかれます。
免疫機能が低下すると花粉症を悪化させることもあるので、免疫機能を整えることが大切です。

 

自律神経を整えることが大切

自律神経のバランスが悪くなると、免疫機能が低下し花粉症を悪化させます。
自律神経には昼間や興奮、緊張している時に優位になる「交感神経」と、夜間やリラックスしている時に優位になる「副交感神経」の2種類があります。この2つの神経がバランスよく作用することで、私たちの健康は保たれているのです。どちらかが過剰に作用すると様々な不調となってカラダに現れます。
鼻詰まりは「副交感神経」が優位になることで起こりやすいと言われています。自律神経が整うことで、この鼻詰まりは解消できるでしょう。ヨガは呼吸と共にカラダを動かします。呼吸を整えることで自律神経を整えると言われています。

 

ヨガで免疫力をあげる

ストレスなどによる自律神経の乱れにより免疫力が下がっていると花粉症の症状がでやすくなります。
免疫を下げる主な原因は、腸内環境の乱れ、体温の低下、自律神経の乱れです。
ヨガの深い呼吸で体全体に酸素を送り込みながら筋肉の緊張を和らげることで、これらの原因にアプローチすることができます。
ヨガを習慣付け定期的にカラダを動かすこと、ヨガの呼吸で心身のリラックスを得ることは、免疫力を高め花粉症の対策に効果的です。

 

花粉症に効果がある呼吸法とポーズ

●腹式呼吸
鼻から吸ってお腹を膨らませ、鼻から吐いてお腹を凹ます呼吸法。横隔膜を下げるように呼吸を行うことで深い呼吸を行うことができます。疲労回復効果、血行促進、体温をあげるなど様々な効果があります。腹式呼吸は、ココロを穏やかにリラックスさせる呼吸法です。自律神経を整え、免疫機能をアップさせます。

 

●前屈のポーズ
頭を下にすることで顔周りの血行が良くなり、鼻詰まりを解消する効果があります。

●半分の魚の王のポーズ
ねじりを深めることで、腸内環境を活性化させます。また、自律神経は背骨と密接に関係しています。ねじりのポーズで背骨周りを整えることで、自律神経の働きを整えるとも言われています。

●コブラのポーズ
胸を大きく開くことで呼吸が深まります。また胸を開くポーズは交感神経を高めます。

ヨガで自律神経を整え免疫力をあげることで、花粉症の予防、緩和につながります。
ポーズや呼吸法、是非お試しくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オンラインヨガOlulu-オルル-
ココロとカラダを整えることにフォーカスしたオンラインヨガです。
好きな格好で、人目を気にせずにヨガタイム。
今流行りの「マインドフルネス」「メディテーション」など、ココロの内側まで整えられるレッスンを毎日開催中です!

一週間トライアルはこちら☆

関連記事一覧