太陽礼拝とは?

オンラインヨガ, コラム

こんにちは。オンラインヨガOluluです。
本日はヨガの基本である、「太陽礼拝」のご紹介です。
いくつかのポーズを決まった順番で繰り返す動きである太陽礼拝は、初心者の方でも練習しやすいポーズとなります。

 

太陽礼拝とは

サンスクリット語では「スーリヤ ナマスカーラ」といいます。「スーリヤは」太陽、「ナマスカーラ」は礼拝を意味します。名前だけ見ると難しいポーズなのでは?と思われる方もいるかもしれません。しかし現在はフイットネスとしても浸透しており、様々な効果が期待できる動きなのです。
太陽礼拝は一呼吸一動作で呼吸に合わせ連続した12個のポーズをとります。シンプルな動きを連続して行うため、動く瞑想とも言われています。また、後屈や前屈など様々な部位を使う動きが入っているため、1つの流れで全身を使うことができるフローとなっています。

 

太陽礼拝の効果

太陽礼拝の動きを何度か繰り返すことによって全身を活性化させます。全身の筋肉を程よく動かすことによって血行促進、代謝アップ、そして柔軟性アップなど、様々な効果が期待できます。
また、呼吸と共にポーズを連続して行うため自律神経が整います。自律神経が整うことで「交感神経」「副交感神経」のバランスが整います。ネガティブな気持ちを取り払い、気持ちが前向きに、1日を元気に過ごすことができるでしょう。

 

太陽礼拝のやり方

1、山のポーズ
マットの前方にまっすぐ立ちましょう
※初心者の方は、少し足を開いて行います

2、吸いながら両手を持ち上げる
※胸を開きましょう

3、吐いて前屈。手のひらを床へ
※骨盤から折り曲げるように意識し、手が床につかない場合は、膝を曲げましょう

4、吸って半分の前屈
※手をスネか腿へ、背筋をのばします

5、吐いてプランクポーズ
※頭から足まで一本の板のようにカラダをまっすぐ伸ばします
そのまま吸って

6、吐いて肘を後ろに曲げ、カラダを床に近づけ並行に保つ
※慣れてない方は膝と胸を床につけましょう

7、吸ってコブラのポーズ 胸を開きます

8、吐いて床を押してダウンドック
※上半身の伸びを優先して、軽く膝を曲げても良いです

9、前屈のポーズ

10、半分の前屈のポーズ

11、上体を起こして両手を上に

12、胸の前で合掌。山のポーズ

 

 

 

これらのポーズを連続するように、呼吸と共に動きましょう。
また、太陽礼拝はダイナミックな動きです。貧血などの不調がある方、慣れない方は無理をせずに行いましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オンラインヨガOlulu-オルル-
ココロとカラダを整えることにフォーカスしたオンラインヨガです。
好きな格好で、人目を気にせずにヨガタイム。
今流行りの「マインドフルネス」「メディテーション」など、ココロの内側まで整えられるレッスンを毎日開催中です!

一週間トライアルはこちら☆

関連記事一覧